赤ちゃん返り

先日はじめての結婚記念日を迎えました。

 

2人での結婚記念日は最初で最後!と思い、体調も万全にしてお出かけをしました。
f:id:bethemagic:20210226091246j:image
私からは「あなたの妻で幸せです」と書いたメッセージプレートをお店に用意してもらいました。

 

 

私このお出かけのことを、「こどもの頃ディズニーランドにいく前」くらいに楽しみにしていて、ワクワク度合いと言うか、「楽しみなことに挑むぞ!!!」という感じが尋常じゃなくて。

 

夜になったら、お出かけが終わっていくのが寂しくて泣き出したくらいで。(笑)

 

お出かけが終わった次の朝も、「あーーもう一回お出かけの最初に戻れたらいいのにな」と思ったくらい。(笑)

 

楽しみなことに挑むぞ!感と同じくらい、ずっとどこか寂しいというか、メランコリックな感じを覚えていて、なんなんだろうこれは?と思っていました。もちろん今までもこんな感じでお出かけをしたことはなんどもあるのですが、それの比じゃなかったのです。

 

 

ちょっとこの思い方、感じ方が「大人レベル」ではなかったので、深掘りして感じてみると、ぱっと出てきたのが

「夫を赤ちゃんに奪われたくない!!!」

という感情でした。

 


f:id:bethemagic:20210226091903j:image

 

私には兄(3つ上)と妹(4つ下)、あと妹よりも先に産まれるとき亡くなってしまった弟(2つ下)がいるのですが、私はずーっと

 

「親(特に母親)を独占したい」

 

という思いを抱えたまま育っていて。

 

自分よりも年齢的に少しいろいろできる兄と、少しいろいろできない妹、(大人の立場で考えると当たり前ですが)私はこのどちらかとの「セット行動」がめちゃくちゃ多かったんです。(笑)

 

どうやら母に確認したところ「赤ちゃん返り」をしていた記憶が母にあるのが弟のときだけのようで。

妹のときは、わりかし普通に保育園にも行っていたみたいです。

 

 

実際それが爆発したのか、小学校高学年くらいのころ意を決して「お母さんと2人で出かけたい!!!」と申し出た私に、まだ小さいから妹もと言われ、妹がついてきてムカついたことを今でも覚えています。(笑)

 

 

先ほどの話に戻りますが、私(というか私のインナーチャイルド)にとって夫は、「はじめて愛情を独占できる対象」だったんですね。

何かをしてくれるのも(自分しかいないので当たり前ですが)私を優先してくれる。

おそらく、その対象を母やら父やらと重ねて、「とられたくない!!!」と思ったんだと思います。

 

そう、平たくいうと、お腹に子のいる私が盛大に赤ちゃん返りをしました。(笑)

 

 

この気持ちは相当根深いもののようで(笑)、今もまだブログを書きながらジクジクとうずくものを感じます。

が、これを解らせてくれたお腹の子にも感謝です。今の(産まれる前の)タイミングでわかってよかったな、と感じています。

 

 

思えば私はちょうど妹が産まれるのと同じ頃に、盲腸炎の手術をしているのですが(当時四歳)

あれはチリが積もった親に対する盛大な「構って攻撃」だったのかもしれません。(笑)

お腹には未消化の感情を溜めてしまうと聞いたことがあるので、おそらくそうだろうな。(笑)

 

お腹の子が、産まれてくる前から私や夫にいろんな学びをくれているなぁ、というのをひしひし感じます。産まれたらそれどころじゃないかもしれないけど(笑)、

残り半年ほどしっかり今のスタイルを楽しんでいきたいです。

 

 

自分への感謝状

大好きなファンシーキュットンさんのブログにこんなことが書かれてあるのをみてから、「自分を誉めまくり与えまくり認めまくるワーク」をやろう、心に決めて数日。

 

今日やっと取り組んでみました。


f:id:bethemagic:20210220095721j:image

 

内容ははずかしいのでボヤかしますが(笑)、とにかく自分への感謝や称賛をを思い付く限り書いてみました。

 

 

そうしたら、だんだんと「神様みたいな存在」から感謝状をもらっている気分に。とても幸せな感覚になりました。

 

 

私の育った家は、今振り返るとよくありがとうを言う家だったと思います。電話を切るときとか、友達との別れ際とか、みんな「ありがとう~」と言っていました。

 

うちの母も特段よくありがとうを使う人で、それを言われることがすごく嬉しかった覚えがあります。

(もしかしたら関西って、ありがとうを挨拶みたいに言う文化かもしれません(笑))

 

 

その文化のためなのか、結婚して、夫が何かの折りに「どうもです」を言うことがどうしても気になっていたんですね。(笑)

それはありがとうとは別物!!!っていちいちイライラしている自分がいました。

 


f:id:bethemagic:20210220100333j:image

 

だけど今日このワークをやってみて、もしかしたら自分へのありがとうが足りていないだけだったのかもな、と思いました。

 

思った以上に自分への感謝って、当たり前なことすぎて思い浮かびませんでした。家事をしてくれてありがとうとか、おしゃれしてくれてありがとうとか、表面的なことでもそんなに拾えなくて。

 

人にしょっちゅう言う環境で育ったからこそ、自分でも外側に伝えるだけが当たり前になっていて、自分で充たそうという感覚が薄い言葉だったかもしれません。

 

 

あなたは何をしてても最高で、素敵で、どんな風でも愛され、ゆるされ、受けとれる存在です。

いつも豊かな心を忘れないようにいてくれてありがとう。

あなたはしらないうちに、いろんな人にたくさんのすばらしいものを与えています。ありがとう。

 

自分で自分に向けて書いたものなのですが、好きな一節だったので皆さまのこころにもおすそわけします。

 

 

このワーク、とってもオススメです!

私も定期的にやって、自分への感謝のボキャブラリーを増やしていこうと思います。

からだとこころ、それぞれの調子

旧暦新年が明けました。日本にもいくつか暦がありますが、最近私はというと、「13の月の暦」を使い始めました。
f:id:bethemagic:20210213091241j:image

 

といっても、マヤ暦がもとになっているこの暦は最初は訳がわからないところも多く(笑)、

「使っていくうちにわかってくる」と書かれている文言を信じて使ってみています。

 

 

ちょうどこの暦を買った辺りから、自分自身に対して「生活リズムやペースを見直す」というタイミングがきていて、いろいろ実践しています。

 

たとえば、私は(つわりがあったこともあり、)ここのところ朝10時くらいまでずっと寝てたんですが、だんだん寝すぎで身体がダルいことに気がついて。

 

一時間半早めて、8時半に起きるようにして、ついでに朝布団からでる瞬間にラジオ体操をかけ始めます。(笑)

 

イントロで起きて、まさに「起き抜けに体操」をすると、終わるころには目も覚めていて良い感じです。

 

 

また、さっきの「13のー」の、「新しい時間」という解説書(写真右)に、マヤ暦で使われている数字とともに、

 

「身体の調子を整える」日数  と

「こころの調子を整える」日数 が書かれていて。

 

私今まで、自分の調子を「からだ」と「こころ」に分けて診てみたことがなかったな、とふと思い、手帳に毎日、朝と夜のそれぞれの調子を数字で簡単に記してみています。

 

たとえば毎日感情日記をつけたり、あるいは食べたものを書いてみたりしたことはあったのですが、同時にやるのははじめてです。

 

 

私の場合あまりそれぞれがかけ離れた(30と80とか)数字にはならないのですが、これがまた思った以上におなじ数字にもならなくて、

・今日はこころは元気だけど身体がちょっと不調

とか

・今日は身体は快適だけどこころがどんよりしている

とかがわかって面白いです。

 

朝起きた時点で「からだ」と「こころ」を別々に診ていくことで、「身体の調子の悪さからこころが引っ張られる」ことが減っているような気もします。

 

あとは強いていうなら、100のつけどころがわからない。(笑) 今日のからだ的、こころ的な「最善」がその数字なのだから、100が出なくてもいいのかもしれません。と書いていて気づきました。(笑)

 

なんにせよ面白いので、続けてみようと思います。

インナーチャイルドがそっぽを向くとき

前回のブログで、
腰痛やらお尻の骨が痛い、と言う話を
していたと思うのですが
(治ったり痛くなったりを
相変わらず繰り返していますw)

 

実は私今妊娠しています。

まだ安定期にも入っていないので、
友人も読んでくれているこのブログには
積極的に書かないほうがいいかなあ
と思っていたのですが
多分他のどのSNSにもリンク貼ってないから
気づかれないだろう!笑

 

先の腰痛やあばらの痛みも
妊娠による子宮が大きくなることから
くる症状でした。

 

そしてここ最近はコロナで
自宅にこもりがちなこともあり、
どことなく鬱々していました。

 

特に元気がなさすぎるわけではないけど、
「ない」
に意識が向きがちな感じ。


そもそも妊婦になると、
今まで普通にやっていたことの
自由がどんどん効かなくなってくる感は
あるのですが

 

私の大好きな
「衣食住」にも例外なくそれは及んでいて。


例えば食なら食べられないものがあったり、
食べても今だとつわりでしんどかったり。
(今一番悲しいのは
お寿司が食べられないことですw)


着るものなら、
これから体型が変わるのに
今何か買っても無駄では?と
思っちゃったり。

 

住なら、夜ちょくちょく目が覚めて、
スッキリ眠った!感がなかったり。

 

主婦なので、仕事からくるストレス
とかはおかげさまで無いのですが、
それでも小さな変化の積み重ねが
小さなストレスになっていったりして。

 

「あ〜、無いほうに意識が向いているな」
という感覚がここのところちらほらありました。

 

今朝旦那にその感覚や悲しさを聞いてもらい、
話しながら自分で
「これは私のインナーチャイルドと、
お腹のチャイルドのバランスが取れてないんだな〜」
と感じました。

 

これは私見ですが、
多分、「無い!!」方に意識がむくのって、
インナーチャイルドさんがお怒りの時で。笑

 


今回でいえば、私は「妊婦目線」で、
食べるもの・買うもの等々を見ていました。
もっと言えば、
これからやってくる人間さんのために、
貯金しないと…と思ってもいました。

 

インナーチャイルドさんは、こういう
「大人目線」で物事を見ている時、
大抵最初は我慢してくれるのですが、
だんだん機嫌悪くなってくるのでw

 

ムダだろうが何だろうがええんじゃい!!


と言う心意気でいかないと、
すぐそっぽを向いてしまわれます。笑

これについては、以前
インナーチャイルドが望むままに
プリキュアステッキを
買った時に実感しました。ww
私のインナーにいるこの子はまじでムダとか
気にしてない、と。笑

 

f:id:bethemagic:20210126110822p:plain

↑そうして出来上がった私の神殿です。

 


もしかしたら、
インナーチャイルドがそっぽをむく
(そっぽって、外方って書くんですね!!)
から、外側に意識が飛んでしまって、
「無い無い!!」と言う気持ちになるのかも
しれません。

実際にお腹に実物のチャイルドを
抱えている今だからこそ、
より一層自分のインナーチャイルド
大切にしなければいけないな、
と感じました。

 

ついついお腹の赤ちゃんのことを
一番に考えて、
自分を後回しにしてしまいがちですが、

インナーチャイルド一番、
チャイルド二番。

くらいの気持ちで行こうと思います。

 

きっと、お腹の赤ちゃんも、
ママが自分を大切にしてくれるのが、
一番嬉しいに違いない!
と、自分に言い聞かせています。笑

 

もしいつか、
これを読んでくださった妊婦さんがいたら、
ぜひご自分のために
(妊婦としての自分ではなく、
ただの女性、普通の状態としての自分のために)
お金を使ったり、楽しいことをしてあげてください。

 

 

 

 

 

腰痛とあばら

前回の記事で、お尻やら仙骨が痛くて、
という話を書いたと思うのですが、

 

あれ、治りました!!!!

 

しかも、結局セルフで。笑
と言っても、お世話になったのはこの動画。

www.youtube.com

 

この動画でやったように、骨盤を傾かせて
あばらを意識して伸ばしたら、治りました。

 

私的には、この動画でやるように

・あばらを伸ばすこと

 

あとは、
・骨盤の上のあたりの筋肉を伸ばすこと

が自分のケアには有効でした^^
(ちなみに数日後、「腰が痛い」と
言ってきた旦那に同じように伝えたら
一発で治りました。笑)

 

あばらを伸ばせばいいのか、
とわかってから、単に
背伸びをする要領で
あばらを意識して伸ばしたら、
同様に痛いのが軽減する感じがしています。

 


私が痛かったのは尾骨とか仙骨だったのですが、
今までも
生理痛の時とかにもここが痛くなることがあったり、
なぜか原因がわからず
突然痛くなることが多かったんですね。

 

マッサージにお願いしてほぐしてもらって
治ったりしてたのですが、
今回はそれでもうまくいかず。

 

というわけで一度しっかり自分で調べました。
(検索魔なので。笑)

 

ら!

骨盤の靭帯、仙骨の靭帯が
子宮とつながっていることを知りました。

 

teate1.angry.jp

 

こちらのHPに、手書きのわかりやすい図が
載っているのですが、
子宮って靭帯で
吊り下げられてるらしいんですよ!
知らなかった〜〜!!

骨盤や仙骨から伸びる靭帯で
子宮が吊り下げられているから、
そりゃ子宮がいつもと違う動きをしたら
いつもと違う引っ張られ方になって、
痛みが出たりする、と。

 

すごく納得しました。。。!

 

 

なぜ骨盤のケアとあばらが大事なのかというと
ここからは私の勝手な推察ですが

 

例えば生理痛なんかの時に、
子宮がいつもと違う動きして、
より骨盤・仙骨の靭帯を下に引っ張る(↓)

 

と、骨盤によって身体全体が
下に引っ張られる(↓)

そしたら、多分
いろはす上から叩いたみたいになるじゃないですか。
(例えw)

身体が下にグシャッとなってる
感じになってるんだと思うんですよね。

 

それを、あばらを伸ばす(↑)って、
あばら〜骨盤辺りに「ギュッ」と
よってきていた筋肉やら皮やらが
元の位置に戻るんだと思うんです。

 

で、元の位置に戻る
から痛く無くなる、と。

 

多分、以前に仙骨周りが突然痛くなった時も
疲れがピークとかの時で、
身体が丸まったり縮こまったり
上半身で身体が支えきれず、
結果下向きの力が強くなり、
身体がグシャッとなって、
同じように痛みが出ていたのだと思います。

 

 

腰痛に関しても同じことで、
痛みが出るってことは
身体が縮こまったり、血流が悪い
ってことだろうから、
同じように伸ばせば、
グシャ!が元の位置に戻って、
結果快適になるのではないかと。

 


という風に結論づけてから、

以前整形外科で腰痛のリハビリとして
椅子に座って骨盤を固定され、
上に伸ばされる、というのを
したことがあるのですが、

あれはそういう意味だったのね!

と妙に納得しました。
(あれ地味すぎて、何してるんだろ、
ってずっと思ってたんですよね。www)

 

ただ背伸びをする、だと
どうしても意識は肩から上、
肩甲骨あたりになりがちな気がするのですが、
あばらってあんまり伸ばさない。
(というか意識されない。)

 

どうしても、立つ、とか体を支える、
って骨盤でやってるイメージです。
ですが、この動画を見て、


「私たちもしかして骨盤じゃなくて
あばらで立ってるのでは?」

と思ったくらいの感動と驚きでした。

 

気になった方、ぜひ動画見てみてください!
そして腰痛い方、あばら伸ばしてみてください!!

 

カラダのイメージ

私、最近おしりやら、仙骨が痛くて。
いろんな整体なり、施術をうけたりしてるのですが、
言われる原因もバラバラで。

 

しかももう15年くらい便秘なので、
なんだか調子が崩れてるのかなぁ~?と
(便秘に関しては今に始まったことじゃないですがw)
いろいろ検索してみていたのですが

 

ananweb.jp

 

こんな記事を見つけました。

ここで私が「そうなの!?」と思ったのが、
この体操そのものではなく、
「肛門が骨盤の真ん中にある」という点。

 

肛門の位置って、何となく、
からだの後ろ側にあるような、気がしません?
前から出すのが尿、後ろから出るのが便
と思っているからかもしれないのですが…。

 

先日、amicalというケア方法を提唱されている
篠崎亜美さん(amiさん)に施術をしてもらったときに、
「内臓ってからだの真ん中にあるはずでしょ?」
といわれて
「そう言われれば、!」と同じ驚きをしたことを
思い出しました。

 

たしかに、からだという筒のなかに
おさまってるわけですから、
(背骨があるので多少前側に出てはいるでしょうが)
そんなに極端に前に出っ張る、ということもないはずです。

 

amiさん曰く、
「お腹いっぱーい!って前側をさするけど、
あれは前にお腹があるんだ、という意識からきている」んだそう。
たしかに肛門がからだの真ん中なんだから、
それに繋がってるはずの腸も
極端に前に出ようがないですよね。😲
 (お腹へっこみそうな気がしません?)

 

突然書き始めて何が言いたいかというと。(笑)

 

私は思った以上に、
解剖図とかの平面的なイメージで
からだを把握してるんだな、ということです。

 

ちなみに、上から輪切りにしたみたいな図は
ネットでは上手く見つけられませんでした。
ということは、
前側/後ろ側という風な見方を普段からしてる、
ってことですね。

 

 

×肛門は骨盤のの後ろっかわにある

◯真ん中にある

 

 

みたいに、ことばでとらえてきたイメージが、
からだを違う風に位置させてる、
みたいなこともあるんじゃないかと。

ちなみに、
私は肛門ではなく膣がからだの真ん中だと思ってました。

 

肛門が真ん中だと意識すると、
なんか重心変わりそうな気がしません?(私だけ?(笑))

あと、肛門が真ん中にあるなら、骨盤ってさらにそこから
後ろ半分があるんですよ!!!
なんだか空間にゆとりができる!!!!笑

 

 

専門的に勉強したわけでもないので、
詳しいことも言えませんが、

 

そんな風に「これはこういうものなんだ」と
当たり前のように置いていることが、
実は本当はそうじゃない、
みたいなことが案外あるのかもしれないなと思いました。

 

 身体も、
なんだか窮屈に詰まっているイメージに
なっちゃっているだけかもしれません…!

 

という発見のお話でした^^

2021年。

しばらくこちらに投稿していない間に、

風の時代になり、年が明けました。(笑)

 

2021年。

 

 

個人的に、

2017年は「スピリチュアルと出会った年」

2018年は「仕事を辞めた年」

2019年は「婚約した年」

2020年は「結婚した年」

と、ここ数年で人生のイベントが目白押しだったのですが(笑)、


f:id:bethemagic:20210102233440j:image

素敵に撮っていただいてお気に入りの写真。

 

2021年も

また動きのある年になりそうな

予感がしています。

 

 

風の時代、と言われるものの輪郭は

ネットや各発信者様のblogなどで

もう十分すぎるほど書かれていますが

 

私の中では

・ならなくていいものにはなれない時代

・「なにかになる」という

ピラミッドの頂点を目指す作業ではなく、

もうそこにあることで各々

「いいんじゃない?」となれる時代

・誰かに遠慮したり、

誰かとバランスをとるために

大きくなったり小さくなったりせず

等身大の自分でいることが

とっても素敵だ、となる時代

 

というような感じがしています。

 

 

私は真ん中っ子だからか、

どうしても周りの意見とか周りの雰囲気を

踏まえてバランスをとりがちで。

 

 

それが長所でもあるのですが、

たとえば自分にとって不得手なエネルギーが

大きい顔して存在してた場合、

ついつい自分の方を小さくして

全体のバランスをとろうとする

みたいなことが今までよくありました。

 

 

そういうことに、

ひとつひとつ気づいてあげないとな

と思っています。

 

 

あー私は等身大で、この私で

大きくすることも

小さくすることもせず

いていいんだな

って自分に思ってあげると

なんだかすごーくちいさーーく、

安心しました。

私も何度も何度も

言い聞かせていこうと思います。

おすすめです(^^)

 

 

今年もよろしくお願いします。

この記事をシェアする